「Hyper Speed Racing」
作詞・作曲・編曲:Souma Sasara

Break out to the street
弾けそうな想い乗せアクセル全開で
疾風の如く過ぎ去ったあの日々
だからこそ忘れないよ ずっと

いつでも一緒だった
同じゴール目指し並んだ
身体を刻むビート
分かち合っていたハズなのに
隣りに見てたその姿は幻覚なのか?

Fly high to the sky
フロントガラスに反射した太陽光線
勝利のシグナルだと思い込んだまま
落ちてしまえればよかった

風を切り一人走る
身体軋ませる Gravity Press
恨み合いはナシだと
誓ったけどやっぱり悔しい
一体何が違っていたのだろうか?

Bright days いつか
思い描いてた夢を手に入れられたね
この上ない喜びを見せる君に
「おめでとう」と小さく呟いた

Run out from the shell
ブレーキかけてるヒマなんてないハズだろう
疾風の如く過ぎ去ったあの日々
だからこそ忘れないよ ずっと



- Comment -

18歳の時に書いた、若さと疾走感溢れるナンバーです。
とても評判も良く、自分自身も気に入っている曲なので、
もう一度人様にお聴かせできるくらいには、とリアレンジしました。

高校生くらいの時期は本当にアツくて、楽しくて、
たくさんのことが色々と起こって、辛かったり、悲しかったり。
でもそんな青春も過ぎ去ってしまえば良い思い出だったな、
なんて思い返せたら、という思いで書きました。

・・・18歳の当事者だったクセにおマセさんだったなぁ(謎)

Song Written:August 2000
Copyright(C)2000/2010 By:Souma Sasara